晴天の朝🌅 専門医が教える歯周病予防

▲

 おはようございます!今朝の福岡県久留米市は、気温7度の寒い晴天の朝を迎えています。天気はいいですが、だんだん寒くなって来ていますし、新型コロナウイルスも北海道、東京、大阪などで感染者が増えて来ているので、感染予防に気おつけて過ごしください。

 

朝の7時くらい!

 

 

歯周病専門医が教える全身の健康につながる歯周病予防

 

・サポートを失った歯は自然に抜けてしまう

 

 歯周ポケットが深くなり、炎症が拡大していくと、歯の周りの骨も破壊され続け、やがて支持を失った歯はぐらつき始めます。虫歯もない綺麗な歯であっても歯周病が進めば、最後にはある日、ポロリと抜けてしまうことがあるのです。

 

 歯根の先まで失われるた歯槽骨は元には戻れません。進行した段階では歯周病治療を行ったとしても、炎症をコントロールして、歯周組織が破壊されるのをストップするのが精一杯で、歯周組織再生治療法をもってしても治療には限界があります。

 

2020年11月11日