コラム

少し涼しい朝 「歯ブラシ」

 おはようございます!今朝の久留米市は、気温26度の少し涼しい曇り空の朝を迎えています。台風15号がすぎてから少し気温が下がってきています。それでも昼は35度まで上がってきますので、まだまだ、熱中症には気おつけてお過ごしください!

 

朝も6時くらい!曇り空です。

 

 

①「歯ブラシ」

 

 歯ブラシを選ぶときに重要なのは、「歯肉を傷つけることのないもの」「歯垢をしっかり落とせるもの」。具体的には次の5つをポイントに選んでください。

 

①ナイロン毛

 

②植毛が密なもの(3列が目安)

 

③毛の硬さは普通か、やわらかめ

 

④ヘッドは小さめ(小回りが利き、奥歯にも届きやすい)

 

⑤柄はストレート

 

 

 患者さんから質問されることが多いのは、「毛のやわらかさはどれくらいが良いですか?」ということ。やわらかすぎるものは歯や歯肉に当たるとき毛が寝てしまって、プラークを落とすことができません。逆に毛が硬すぎるものや毛先がとがっているものは、歯肉を傷つけてしまいます。大手生活用品メーカーが販売している一般的な歯ブラシの中から、まず「普通」と表示されている商品を選び、使ってみて痛いと感じたら、それよりもやわらかめのものに変えてください。

 「自分にどれが合うのかわからない」という人は、歯科医院でブラッシング指導を受ける際に歯科医師や歯科衛生士に選んでもらいましょう。歯科医院で歯ブラシを購入することもできます。

 

2018年08月17日
暑い日の出 スタッフ誕生会 道具選びー基本は歯ブラシ、さらに歯間ブラシなどの補助具で磨き残しを減らす

 おはようございます!今朝の久留米市は、かなり暑い気温26度の改正の朝を迎えています。台風13号の影響は九州にはあまりなさそうですが、関東周辺にいかれる方は、気おつけていかれてください。また、熱中症対策も万全にして外出してください。

 

朝の6時前くらい!

 

 

 

 

 火曜日の昼にスタッフの誕生会をお祝いしました。いつも患者さん、医院のために頑張ってくれている今村さん、森山さん有難うございます!誕生日おめでとうございます!

 

 

 

道具選びー基本は歯ブラシ、さらに歯間ブラシなどの補助具で磨き残しを減らす

 

 道具の基本は歯ブラシです。道具が増えると一つひとつがおろそかになりがちです。ましてやこれまで歯ブラシですらきっちりブラッシングができていない人は、まず歯ブラシを使いこなせるようにして行きましょう。

 

 

 次に必要なのが、歯ブラシではとりずらい歯と歯の間のプラークをとる補助的な清掃器具です。すでに歯周病が進行して歯肉が下がってしまった人には、歯間ブラシが効果的。一方、子供や歯肉が下がっていない健康な人は歯間ブラシを使うと歯肉を下げてしまうので、デンタルフロスが適しています。また、デンタルフロスの使用は、歯周病になっていない人にとって予防になりますから、子供の頃から使い方に慣れておくことが大事です。奥歯など奥まった磨きにくい場所は、ワンタフトブラシが有効です。

 これからは歯周病治療には必須の器具なので、まだ使っていない人は是非とも使ってください。

 なお近年は電動歯ブラシを使う人も増えてきました。便利な道具ですが、コツも必要です。

 

2018年08月08日
強い日差しの日の出 ブラッシング基礎編

 おはようございます!今朝の久留米市は、かなり強い日差しの朝日です。気温は28度ですが、この日差しですとどんどん気温が上がって行くでしょう。とにかく今日も猛暑になる予報ですので、くれぐれも熱中症にならないようにしてください。

 

朝の6時の日の出!すごい日差しです!

 

 

 

ブラッシング基礎編

頻度:最低1日1回、丁寧に

 

 

 

でこぼこ歯並び

 

 日本人は一般的にどのようなブラッシングをしているのでしょうか。10〜60代の全国の男女1200人に調査したところ、ブラッシングの頻度は、76%の人が1日に2回以上、1回あたりの歯を磨く平均時間は1〜3分でした(「歯に関する調査」2015年」ライフメディアリサーチパーク調べ)。

 

 患者さんから「ブラッシングは毎食後にしたほうがいいですよね?」と、聞かれます。毎食後ブラッシングができれば理想的ですが、1日3回短時間サッとやるよりも1日1回でいいからしっかり時間かけて磨いたほうが歯周病には効果的です。

 それに日中仕事をしている場合は、朝と夜は磨けたとしても、昼食後のブラッシングは難しいものです。無理すると続きませんから、時間に余裕がある夜寝る前などに、お風呂に浸りながらでもいいので、丁寧にブラッシングするようにしてください。

 

 では、「丁寧なブラッシング」とは、どのようなブラッシングでしょうか?実はこの「ていねい」のイメージは人によってかなり違いがあります。たとえば、3分間のブラッシングを「ていねいすぎる」と感じる人がいる一方で、「3分では短すぎて全然磨けていない」という人もいます。

 

 わかりやすいように「時間」で示すなら、最低10分間が目安。長いと感じるかもしれませんが、一般に歯は全部で28本ですから、1本あたり20秒ほど。1本1本をていねいに磨くには、この程度の時間は必要です。

 

 ただし、歯ブラシが磨くべきところにきちんと当たっていなければ、10分磨こうと20分磨こうと意味がありません。「正しく磨くこと」が大事です。

 

  • ポイント1
    毛先を歯の面にあてるハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてるハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてる
  • ポイント2
    軽い力で動かす毛先が広がらない程度の軽い力(150~200g)で磨くハブラシの毛先が広がらない程度です
  • ポイント3
    小刻みに動かす5~10mmの幅を目安に小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く5~10mmの幅を目安に小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く
 
2018年08月01日
蒸し暑い朝 歯周病は歯科医師だけでは治せない 化粧品やサプリにお金をかける前に、歯のケアを

 おはようございます!今朝の久留米市は、かなり蒸し暑い気温27度の薄曇りの朝を迎えています!とにかく昨日から蒸し暑い日が続いています。日中は35度まで久留米は上がるみたいですので、くれぐれも熱中症には気おつけてお過ごしください。

 

朝の6時前位!

 

 

歯周病は歯科医師だけでは治せない 

 

化粧品やサプリにお金をかける前に、歯のケアを

 

 

 高齢化が進み、アクティブシニアが増えている昨今は、アンチエイジングがブーム。「いくつになっても若く美しく健康でありたい」と、外見や体力、脳の老化防止などに関心が集まり、ジムに人があふれ、高額な化粧品やサプリメントが飛ぶように売れています。

 ところが意外と歯に気お使う人は少なく、外見は若々しいのに口の中はボロボロで、歯が抜けかかってから歯科医院を受診してくれるケースが後を絶ちません。

 歯を良い状態保つことは、外見だけでなく、食べ物をしっかり噛んで滑舌よく話すといった機能面、そして全身の健康を維持するという面からも、究極のアンチエイジングといえます。セルフ・ケアを習慣にしてください。

 

2018年07月27日
暑い朝の日の出 HOKA ONE ONE ブラッシングの目的

 おはようございます。今朝の久留米市は、気温27度の暑い晴れの天気です。毎日37度を超える最高気温が久留米市は10日間以上続いています!本当に異常な暑さになっていますので、くれぐれも熱中症対策をされてお過ごし下さい。

 

暑い朝の日の出!綺麗です!

 

 

「HOKA ONE ONE」ランニングシューズ!扁平足の私の足には最高の幅広靴であり、超軽いので楽々です。

 

 

ブラッシングの目的

 

 

 ブラッツシングの最大の目的は、うがいでは取り除けないプラークを取り除くこと。歯科医師は「歯肉をマッサージするつもりで歯ブラシを当ててください」と指導することがありますが、これはマッサージが主な目的と言うわけではなく、歯と歯肉の両方に歯ブラシを当てるイメージを持ってもらいたいから。

 ただしプラークを取り除こうとして磨き過ぎると、歯肉を傷つけてしまうので、コツが必要です。

 

2018年07月27日
靄ががった暑い朝 ブラッシングをマスターする きちんと磨けていない人が多い

 おはようございます。今朝の久留米市は、気温27度の蒸し暑い靄がかかったスッキリしない天気です。今日の朝もとにかく蒸し暑いです。昼には気温37度まで久留米は上がる予報ですので、十分な熱中症対策をしてください!また、今週金曜日は最高気温39度になる予報です。記録的最高気温になるみたいです。

 

朝の6時くらい。

 

 

ブラッシングをマスターする 

 

きちんと磨けていない人が多い

 

 

 歯周病で受診する患者さんの中には、ほとんど歯を磨いたことがなくて、歯周病になったのは当然の結果という人がいます。その一方で、「毎日歯を磨いていたのに・・・・」と、歯周病になったことが納得できない人もいます。しかし、きちんと歯を磨いていると主張する患者さんの清掃状態を染め出し剤でチェックしてみると、真っ赤になるケースがほとんど。これはきちんとプラーク(歯垢)が落ちていない証拠、つまり磨き方が間違っているのです。

 

 

 ブラッシングはたいてい親が教えるので、親のやり方を踏襲している場合が多いのです。つまり、大人が間違った方法でブラッシングをしていれば、それを見て覚えた子供も間違ったブラッシング方法を身に付けてしまうことになります。結果、家族みんなで間違ったブラッシングをしている危険性があるわけです。

 

2018年07月18日
台風7号去った朝 ありがとう侍ジャパン 台風7号の影響 歯周病は歯科医師だけでは治せない!手のひらサイズの炎症を放置できますか?

 おはようございます!今朝の久留米市は、台風7号も去って風も収まり曇り晴れの気温25度の少し湿度が高い朝を迎えています!日中は30度を超えるのでかなり蒸し暑い日になると思われますので、熱中症には気おつけてお過ごしください!

 

朝の6時過ぎくらい!

 

 

台風7号の影響で、近所の木が折れていました。かなり風が強かったのを実感した瞬間でした。

 

 

 今朝の新聞の一面は、サッカー日本代表でした!本当に日本のサッカーは強かったと思う!結束力の強さからくるチームプレーには、負けたとはいえ感動をもらいました!最高の侍ジャパン!お疲れ様でした!そして、感動をありがとうございました!

 

 

歯周病は歯科医師だけでは治せない!

 

手のひらサイズの炎症を放置できますか?

 

 

 中等度の歯周病になっている患者さんの場合、歯周ポケット周辺の炎症の総面積は、「手のひらくらいの大きさ」(歯周ポケットから5ミリ範囲の炎症×28本=72平方センチ)と言われます。もし顔に手のひらサイズの炎症があれば、普通放っては置かないはずです。見た目はもちろんのこと、放置して化膿すれば大変なことになりますから、治療をするでしょう。

 

 

 ところが歯周病は、歯肉の中の見えにくい部分で炎症が起きているために多くの人が無頓着、放置している間に歯を支えている骨が溶けていくだけでなく、全身に感染が広がっていきます。

 

 

 

2018年07月04日
少し風の強い朝 歯周病は歯科医師だけでは治せない!

 おはようございます!今朝の久留米市は、気温27度で風が少し強い曇り晴れの天気を迎えています。風があるので、少し涼しく感じますが、湿度が高いために、風が吹かないと蒸し暑い朝になっています。

 

朝の6時過ぎくらい!綺麗な朝日です!

 

 

歯周病は歯科医師だけでは治せない!

 

セルフ・ケアは「ブラッシング」と「全身の健康管理」の2本柱

 

 

 歯科医院に通うと「セルフ・ケアも大事ですよ」と言われることが少なくありません。歯周病のセルフ・ケアというのはまず「局所(歯)のケア」、すなわち毎日のブラッシングです。さらに歯周病は全身の健康にかかわる感染症ですから、持病のコントロールや生活習慣の改善といった「全身の健康管理」も不可欠です。

 患者さんの中には「歯科医院に通っていれば歯周病は治るだろう」と考えている人がいます。しかし、同じ進行度の患者さんが同じタイミングで歯科医院に通い始めても、セルフ・ケアを努力している患者さんと歯科医師任せで何もしない患者さんでは、治り方も、通院回数も、治療にかかる費用も、将来歯がどうなっていくかもまったく違ってきます。

 

2018年06月27日
雨上がりの朝 歯が悪いと就活や婚活は失敗する?

 おはようございます!今朝の久留米市は、明け方はかなり雨が降っていましたが、7時過ぎからはあがり出して、曇りの朝を迎えています。いよいよ梅雨という感じになってきましたね。

 

朝の7時過ぎくらい!雨上がりです。

 

 

歯が悪いと就活や婚活は失敗する?

 

人生を成功に導くために歯の治療を

 

 

 就職活動の面接やお見合いを前に「歯がボロボロなので治療してください」と、歯科医院に駆け込んでくる人がいます。就活にしろ婚活にしろ、初対面の印象は大事です。写真ではボロボロの歯や口臭は隠すことができても、実際に人と会って話をすればバレてしまいます。「不潔」「格好悪い」など見た目の問題も大きいですが、「不摂生な生活をしているにだろう」「自己管理ができない人」「治さないままにしているなんていい加減だ」というように、人間性を疑われることにもなりかねません。とくに婚活ではカップルになれたとしても、一歩関係を進める段階で「口臭のせいでキスを拒否された」「歯を治すまで結婚しないと言われた」などと、口の問題が支障になるケースも多いのです。

 就活や婚活を滞りなく進めるためにも、むし歯や歯周病があればきちんと治し、健康で清潔な口を保ちましょう。「歯を含めた健康管理ができる人」は魅力にあふれ、大いに評価されるはずです。

 

2018年06月20日
久しぶりの快晴の朝 治療の実例 症例3 繰り返す歯肉の腫れと痛み

 おはようございます!今朝の久留米市は、久々に快晴の気温17度の過ごしやすい清々しい晴天の朝を迎えています!今日の昼には27度まで気温が上がる予報です。今週は雨も降らないみたいですので、洗濯するにはいい週になるみたいですね!

 

朝の6時!快晴です!朝日が眩しいくらいです!

 

 

治療の実例 

症例3 繰り返す歯肉の腫れと痛み

ー歯周再生治療で、溶けてしまった骨を再生

 

 

 主婦のC子さん(45)は、2年ほど前から睡眠不足や疲れがたまると歯周病が腫れて膿が出るということを繰り返していました。体調が回復すると楽になるのでそのままにしていましたが、あるとき右下の歯肉がぷっくりと腫れて何もしなくても痛い状態になり、我慢できなくなってあわてて歯科医院を受診してきました。

 C子さんの口の中は全体的に歯周病が進行し、とくに右下は重度の歯周炎の状態だったため、ひとまず抗生物質消炎鎮痛剤の服用と、歯周ポケットを洗浄して細菌を洗い流す治療をすることにした。2週間後にはだいぶん炎症が治まったので、麻酔した上で、症状がひどい右下を中心にスケーリングとルートプレーニングをおこないました。

 ところがその3ヶ月後に検査(再評価)をしてみると、重症だった右下だけは歯周ポケットが深いままで、歯槽骨もかなり吸収されてしまっています。このままでは歯槽骨の再生は期待できないと判断し、右下部分をフラップ手術で開いて清掃すると同時に、エムドゲイン法による歯周再生治療も加えました。8ヶ月後にレントゲンで歯槽骨が再生されたのを確認し、以降は3〜4ヶ月に一度のメンテナンスを続けています。C子さんは明るい表情でこう話します。

 

 

 「あのまま治療を受けなかったら、大事な歯を失うところでした。また、以前はいつ腫れるかビクビクしながら生活していましたが、しっかり治療したおかげで安心して過ごすことができています」

 

2018年06月13日